昔から大阪湾はちぬの海と呼ばれ、魚影の濃い海として有名です。
関西では黒鯛の事を、ちぬと呼び 親しまれてきました。
今ではちぬと言う呼び方も日本全国に広がり親しまれています。
ここ最近では、毎年稚魚の放流をして、年々数・型とも良くなって
50cmを超える大型のちぬが顔を見せています。

一昔は夏の魚として、冬は釣れないものと言われてきましが、いろいろな釣り方や
仕掛け道具などが発達して、今では季節を関係なく一年中釣れる魚となりました。
その数ある釣り方のなかで、私達は落とし込みと呼ばれる釣り方をしています。

私たち、『泉大津茅渟釣倶楽部 茅友会』メンバーは、落し込みを中心に、
泉大津フェニックスをホームグラウンドにして、ちぬを愛し
ちぬを釣り大阪湾の活性を目標として活動しています。

このホームページを通していろいろな方と、様々な情報交換が
出きればと思い開設しました。
釣り場でお会いした時は、気軽に声を掛けて下さい。


                                          茅友会一同